<事業活用のメリット> 栃木県農地中間管理機構 (公財) 栃木県農業振興公社

農地中間管理機構 公益財団法人 栃木県農業振興公社

事業活用のメリット

TOP > 事業活用のメリット

公的な機関を通じた取組ですので、安心して貸付け・借受けが行えます。

出し手

  • 賃料は機構から支払われ、契約期間が満了すれば、農地は確実に戻ります。
  • 要件を満たせば、機構集積協力金の交付を受けられます。

担い手

  • 長期の経営計画(耕作)が可能となり、経営の安定化が図れます。
  • 出し手が複数の場合でも、契約は機構とだけで済みます。また、賃料も口座振替により機構に支払うため、手間もかかりません。
  • 条件により、まとまった農地の借入れや、分散した農地の集約化ができます。
  • 農地中間管理事業の流れ_PDF

条件を満たせば、機構集積協力金の交付を受けられます。

地域における話し合い(人・農地プラン)に基づき機構にまとまった農地を貸し付けた地域や、農地を機構へ貸し付けて担い手への農地集積・集約化に協力する農地の出し手の皆さんを支援します。

  1. 地域に対する支援 ・・・・・・・ 地域集積協力金
  2. 個々の出し手に対する支援 ・・・ 経営転換協力金、耕作者集積協力金

※各協力金につきましては、交付要件があります。詳細は、農地の所在する市町等相談窓口へお尋ねください。

  • 機構集積協力金_PDF